ヘッドライトプロテクションフィルム

ヘッドライトプロテクションフィルム

ヘッドライトの黄変、白濁を長期間防ぐ

ヘッドライトは、経年劣化によって黄ばみや白濁などの現象が起こりやすくなります。
プロテクションフィルムを貼ると、ヘッドライトの質を長期間防ぐことが可能です。
公共の試験機関でも、ハッキリとした結果が出ており、使用するかしないかでは差が一目瞭然です。

サンシャインウェザーメーターを使った実験

サンシャインウェザーメーターを使った実験

サンシャインウェザーメーターは、日常の環境を人工的に作り出すことができる機械です。
この機械を使って5年間に相当する期間での実験を行ったところ、プロテクションフィルムを貼ったヘッドライトはクリアな状態を維持できたのに対し、貼らなかったヘッドライトは著しい黄ばみが起こりました。

黄ばみの原因は紫外線

ヘッドライトを黄ばませる原因は、紫外線です。
ヘッドライト素材のポリカーボネートや表面のハードコーティングは、紫外線からの影響によって組成が変質し、曇りや黄ばみが起こります。
プロテクションフィルムには紫外線の90%以上をカットできる機能があり、ヘッドライトに貼ることによって紫外線による影響を予防できます。
フィルムはJIS規格に基づいた紫外線透過率測定の基準を満たしています。

飛び石などの傷からも保護

ヘッドライトプロテクションフィルムには、150ミクロンという超薄膜に成型した高品質のウレタン素材が使われています。
薄膜でも高い耐性があり、時速200kmで走行している状態で飛び石がぶつかっても、ダメージを吸収してパネル本体への傷がつかないという実証実験が行われました。

物理的耐性テストでも実証済み

物理的耐性テストでも実証済み

ヘッドライトプロテクションに採用されているフィルムの耐キズ性は、時速200kmを再現した専用装置を使った実験でも、その効果が実証されています。
フィルムにぶつかった飛び石によるダメージを保護フィルムが吸収することで、パネルへの傷の心配がありません。

日常の細かい傷や汚れを徹底ガード

ヘッドライトプロテクションフィルムには、透明度が高く、無黄変性を持つTPUポリウレタン素材が使われています。
その表面に特殊なフッ素加工を施し、汚染防止コート層を作ることによって、日常使用による細かい傷や汚れからパネルを徹底的に守ります。
また、ヘッドライト素材のポリカーボネートおよび表面のハードコーティング塗装には、アクリル系粘着剤を使うことによって最適化を実現しています。

車検にも対応、光量を維持

車検にも対応、光量を維持

プロテクションフィルムは、車検の保安基準に基づいた光量試験においても、問題ないことが実証されています。
素材、機能ともに申し分ない優秀な保護フィルムなのです。

新車から3か月後に施工した実験結果

ホンダインサイトで実証された試験によると、サンシャインウェザーメーターを使って5年間相当の紫外線によるダメージを比較したところ、プロテクションフィルムの有無によって、結果に大きな違いがありました。
フィルムを塗布した部分は透明さを維持したのに対し、フィルム無しの部分は激しい黄ばみが発生しました。

貼付期間 ロービーム
法規 64以上
加工前 116 159
第1回目測定 貼付直後 115 159
第2回目測定 1年後 101 132
第3回目測定 2年後 93 111
剥離後 102 130

ヘッドライトプロテクションフィルム 価格表(税別)

国産車
車格 ライトサイズ 車種 施工価格目安
軽自動車 S アルト \20,000
M タント \23,000
L デイズ \25,000
コンパクト S パッソ \20,000
M フィット \23,000
M ノート \25,000
中型 S WRX \22,000
M カローラ \24,000
L プリウス \26,000
大型 S クラウン \23,000
M フーガ \25,000
L アコード HV \27,000
SUV S CX-3 \24,000
M XV \26,000
L ランクルプラド \28,000
ミニバン S ステップワゴン \24,000
M エルグランド \26,000
L ヴェルファイア \29,000

車種サイズにつきましては < コチラ > をご覧ください。

輸入車
車格 ライトサイズ 車種 施工価格目安
コンパクト S MINI \24,000
M ザ・ビートル \27,500
M Aクラス \30,000
中型 S A3 \26,500
M S60 \29,000
L Cクラス \31,500
大型 S i8 \28,000
M A8 \30,000
L F12ベルリネッタ \32,500
SUV S Q3 \29,000
M GLA \31,500
L SRXクロスオーバー \34,000

車種サイズにつきましては < コチラ > をご覧ください。

カーフィルム・スモークフィルム

耐久性の高い一流メーカーのカーフィルム

カーフィルムには、たくさんの種類があります。ビューティークラフトが使用するのは、その中でも高い耐久性を持つ一流メーカーのカーフィルムです。
可視光線透過率が5%~45%の濃さ、クリアやブラック、スモークやグリーンなどのカラーラインナップ、また赤外線をカットできるなどの断熱効果も、カーフィルム選びでは大切なポイントです。
当社では、お客様の車に最適なカーフイルムの施工場所やカラーチョイスを提案いたします。
ハイスペックなフィルムもあり、「断熱カーフィルム・シルフィード」や「ソーラーガード・カーフィルム」もお選びいただけます。

施工店のこだわりが詰まったカーフィルム

施工店のこだわりが詰まったカーフィルム

カーフィルムには、UVスモークフィルムや断熱スモーク、ラッピングフィルムやプロテクションフィルムなどがあります。
ビューティークラフトでは、専用ブース内での施工を行い、ホコリの浮遊が少ない環境で高品質の仕上がりを実現しています。
高い技術力を持つ専任の職人が1台1台を丁寧に施工いたします。
ビューティークラフトは、佐賀県伊万里市の202号線沿いにございます。
佐賀県内に加え、隣県の福岡県福岡市や久留米市、長崎県の佐世保市や大村市、また熊本県や大分県などからもたくさんのお客様にご来店いただいております。

断熱フィルムとスモークフィルムの違い

断熱フィルムとスモークフィルムの違い

スモークフィルムには、紫外線をカットするUVカットフィルムの他、赤外線をカットできるIRカットフィルムもあります。
UVカットフィルムは多くのメーカーが対応していますが、IRカットフィルムは、まだ限られたメーカーのみの取り扱いとなっています。
ディーラーが使用しているフィルムには、赤外線カット率が50%未満のものもあれば、カット率93%を誇る3M商品まで、カット率は多種多様です。
カーフィルムを選ぶ際には、赤外線カット率によって選ぶことをおすすめします。

断熱フィルムは総太陽エネルギーカット率で選びたい

断熱フィルムは総太陽エネルギーカット率で選びたい

ビューティークラフトでは、赤外線カット率よりもより実用的な総太陽エネルギーカット率を重視しております。
赤外線カット率は多くのメーカーが重視していますが、ソーラーガード・カーフィルムは総太陽エネルギーカット率に重点をおいた製品です。
太陽光には異なるエネルギーがあるため、赤外線だけをカットしても高い断熱効果を期待することはできません。
ソーラーガードは、太陽光エネルギーに幅広く対応し、短い波長から長い波長までを効率的にカットしています。

カーフィルムラインナップ

断熱フィルムは総太陽エネルギーカット率で選びたい

IKC/シルフィールドフィルム

シルフィールドフィルムとは、赤外線を92%カットし、車内の温度上昇を最大限に抑えられる商品です。
原着フィルムなので、色あせや色抜けの心配がありません。
フィルムの濃さは5種類のスモークタイプからお選びいただけます。

ソーラーガード・カーフィルム「クァンタム」

ソーラーガード・カーフィルム「クァンタム」

ソーラーガード・カーフィルムのクァンタムは、ハイスペックな特殊ミラーフィルムです。
太陽光を効果的に反射させることて、可視光線や紫外線、そして赤外線をブロックします。
車内の温度上昇を抑え、快適な車内空間を維持することができます。
また、ミラーフィルムには高級感があり、他社との違いを実感できます。

ガラス形状に合わせたサンバイザーフィルム

ガラス形状に合わせたサンバイザーフィルム

サンバイザーフィルムは、車種によって異なるガラスの形状に合わせ、カーブ状に仕上げたカーフィルムです。
アンダーラインを直接的にカットした場合、どうしても両サイドが垂れ下がりやすくなります。
しかし、サンバイザーフィルムは、グラデーションがガラス面にシッカリなじむよう、アーチ状に仕上げているのが特徴です。
単色のカーフィルムと比較して、グラデーションが美しく、目の疲労感も軽減できます。

シルフィードフィルム・グリーンフィルム

断熱シルフィードフィルムについて
多くの人に知られているウィンドウフィルムの機能としては、プライバシーの保護やガラスの飛散防止機能などがありますが、それだけではありません。
特に、赤外線や紫外線をカットする機能は、夏の暑さ対策としては重要です。佐賀県で実績豊富なビューティークラフトでは、ハイスペックなシルフィードフィルムを推奨いたします。

ビューティークラフトでは、創業当時から多種多様なカーフィルムを検証してまいりました。
当社が提供するカーフィルムでは、フィルムの耐久性や視界の確保、断熱効果や地球温暖化対策としても有効です。たくさんのお客様からご支持をいただいております。

当社の施工では、フィルムをデータでカットするため、正確に貼り付けることができます。
専用のブース内での施工を徹底しており、ごみやほこりの浮遊を最小限に抑えた状態で高い品質での施工を心がけております。

断熱シルフィードフィルムについて

高級感で選ぶならスモークフィルム

高級感で選ぶならスモークフィルム

スモークフィルムには高級感があり、車のドレスアップにも最適です。
透明ガラスでは、プライバシーの保護や直射日光による車内温度の上昇、そして車内の荷物の盗難リスクなどがあります。
カーフィルムを貼ることによって車内空間が快適となり、心おきなくドライブを楽しめるでしょう。

ハイスペックな機能で選ぶなら断熱カーフィルム・スモークフィルム

ハイスペックな機能で選ぶなら断熱カーフィルム・スモークフィルム

直射日光を受けると、車内の温度は上昇します。直射日光によって感じる赤外線(IR)は暑さの指標です。
この赤外線をカットすることで室内空間の温度上昇を抑えることができ、快適な車内空間を実現できます。
店内には、断熱体感機を設置しておりますので、ぜひ効果を体感してください。

断熱シルフィードフィルムの5つの効果

赤外線を92%カット

シルフィールドは、赤外線を92%カットするハイスペックなカーフィルムです。
太陽の熱が車内に影響しないため、エアコンの燃費も良く、経済的です。車内空間の温度を快適に保てます。

紫外線は99%カット

シミやそばかすの原因となる紫外線は、99%カットします。フロント周りには、クリアなフィルムの施工で対応いたします。

プライバシー保護

光の反射率が高いため、外から車内が見えにくいので安心です。フィルムの濃度もお好みに合わせて選べます。

ガラスの飛散防止効果もアリ

フロントウィンドウへのプロテクションフィルム施工は、ガラスの飛び散りを最小に抑えられる効果もあります。ガラスの飛散による怪我を防止できます。

盗難や車上荒らし防止

プロテクションフィルムを貼ることによって、外から車内の状態がのぞきにくくなり、車上荒らしなどの犯罪から車を守る効果が期待できます。
当社では、車のセキュリティ面において高い実績や性能を誇るメーカー「CLIFFORD」製のフィルム取り付けにも対応しております。

豊富なラインナップ

ビューティークラフトでは、フィルムの濃さをはじめ、透明やブラック、グリーンといったカラー、断熱などのスペックが充実したカーフィルムの中から、お客様の車種やニーズ、希望に合わせて適切なフィルムをご紹介いたします。

シルフィードフィルム・グリーンフィルムのラインナップ

UVカットフィルム

UVカットフィルムは、透過率が8%で紫外線を99%カットするフィルムです。スモークの濃さは8%以外にも、15%や20%、30%や45%からお選びいただけます。
紫外線を徹底的にカットすることで、女性のお肌もしっかりガードします。

IR断熱+UVカットフィルム

紫外線(UV)を99%カットすると同時に、赤外線(IR)も92%カットできるハイスペックなプロテクションフィルムで、透過率は8%です。
もっと濃いスモークをご希望のお客様には、透過率15%や20%、30%や45%などもございます。
太陽光の熱を遮断するのでエアコンの効率が良くなり、燃費にも優しいおすすめのカーフィルムです。

透明IR断熱+UVカットフィルム

当社では、フロントガラスへの施工が可能な透明フィルムも取り扱っています。クリアなIR断熱機能に加え、UVもカットできます。
FGR-300金属酸化物(酸化インジウムスズ)を使用することにより、可視光線透過率を高く維持し、運転席や助手席に施工することが可能です。
ただし、可視光線透過率を70%以上確保できる車に限定されます。

IRグリーン断熱+UVカットフィルム

IRグリーン断熱機能に加え、赤外線カット率80%以上、紫外線カット率99%のフィルムです。透過率、つまりスモークの濃さは15%です。

カーフィルムの施工ならビューティークラフトにお任せください

カーフィルムには、プライバシーの保護に加え、ガラスの飛散防止やエアコンの効率化、車のドレスアップ、紫外線や赤外線をカットすることによる燃費向上など、たくさんの効果が期待できます。

当社では、これまでにたくさんのオートフィルムの検証を行ってきました。その中でも、当社がおすすめする透明断熱フィルムは地球環境問題に対しても有効で、人体に害がないフィルムを使っております。特に、フロントガラスの3面に貼るフィルムは、お客様に好評です。

当社のカーフィルムは、専用のカッティングマシーンを使い、データに沿ってカットした上で正確に貼り付けます。高性能な仕上がりが魅力です。

車とカーフィルムは、トータルバランスがとても大切です。車が持っているデザインの美しさや室内環境の雰囲気を、カーフィルムによってさらに高めることができます。

透明度の高いカーフィルム ソーラーガード Quantum クァンタム

ソーラーガード クァンタムフィルムの特徴

一般的なカーフィルムは、経年劣化によって色あせや変色が起こります。しかし、クァンタムフィルムはそうした劣化が起こりません。
一般的なカーフィルムが持つ経年劣化による問題点を解消したものが、特殊カーフィルムのクァンタムフィルムなのです。

特許登録されたソーラーガード クァンタムシリーズ

特許登録されたソーラーガード クァンタムシリーズ

特許登録もしたソーラーガード「クァンタム」シリーズ

クァンタムフィルムは、一般的なカーフィルムよりもハイスペックな特殊製品です。
その製造方法は特許登録もされています。(US Patent#5513040、World patent#W09613379A1)

クァンタムフィルムは、スパッタ加工された2層のPETフィルムを採用し、車外から入り込む太陽光を反射させることによってブロックします。
その際、一度反射した光は、対面しているもう一方のスパッタ加工によってさらに跳ね返されるため、光の反射を軽減することができます。
反射タイプのフィルムを使っているクァンタムフィルムですが、可視光線反射率を低く抑えることができ、極端にギラギラすることがありません。

ソーラーガードカーフィルムで効率性アップ

ソーラーガードカーフィルムで効率性アップ

太陽光からの熱エネルギーを反射するとともに外部放出することができるクァンタムフィルムは、効率性の点でも優秀です。
フィルムの内部で処理される日射熱は、最大で61%カットが可能です。また、フィルムでも高い透明度を実現している製品で、車内からの透明度がとてもクリアです。

IRカットと太陽光線、熱エネルギーの違い

IRカットと太陽光線、熱エネルギーの違い

一般的なカーフィルムには、紫外線をカットするUVカットフィルムの他に、IRカットフィルムがあります。熱をカットできるのはIRフィルムだと広く知られていますが、実際には100%正しいというわけではありません。太陽光熱による熱エネルギーには、短い波長から長い波長まで複数の波長領域があり、熱をカットするためにはすべての波長をブロックしなければいけません。

太陽光がもたらす熱エネルギーは、赤外線が49%、可視光線が49%、そして紫外線は2%です。車内に入る熱エネルギーを効率的に削減するためには、これらの異なる波長のエネルギーを効率的にバランスよくカットする必要があります。実感できる断熱効果を得るためには、赤外線だけではなく、可視光線に含まれている熱エネルギーも減少させることが必要不可欠です。

ソーラーガード クァンタムの性能

クァンタムフィルムの透明度

クァンタムフィルムは、高い透明度を維持することを追求したフィルムです。大きな車両を運転する人や運転に自信がないドライバーにも、安心してご利用いただけます。

抜群の耐久力

クァンタムフィルムは一切染色を行いません。そのため、耐久性や資格品質を長期間高い状態で維持できます。

優秀な熱遮断力

クァンタムフィルムは、可視光線と赤外線に含まれている熱エネルギーを最大で61%カットすることができます。外部から侵入する熱エネルギーを、フィルム内部で反射・放出することができるため、車内はいつでも快適な状態を維持できます。

紫外線は99%カット

紫外線は99%カットするため、シミやソバカスの原因を徹底的に削減できます。長時間のドライブでも、紫外線が気にならずに安心です。なお、フロント周りには透明フィルムの施工を行います。

プライバシーもしっかり保護

クァンタムフィルムでは、可視光線透過率が異なる5種類のフィルムをラインナップしています。目的や車種に応じて、適切なフィルムをご提案いたします。

ガラス飛散防止効果もアリ

クァンタムフィルムは、一般的なカーフィルムの5倍の厚みがあります。
万が一の事故などでも、ガラス片の飛散を防止することができ、怪我を防ぐことができます。より高い安全性能を求めるなら、クァンタムフィルムがおすすめです。

ソーラーガード Quantumに関するよくある質問Q&A

Q1. フィルムを貼った状態で車検には通りますか?

A. 後部座席を含めたリアガラスには、濃いフィルムを貼っても車検には影響がありません。


Q2. フィルムを貼ると、視界が悪くなりませんか?

A. ビューティークラフトでは、濃さが異なる5種類のスモークフィルムをご用意しております。人によって感覚が異なりまので、お客様のお好みに合わせてお選びいただけます。


Q3. クァンタムフィルムは本当に色あせしませんか?

A. 経年劣化による色あせや変色は、一般的なカーフィルムと比べると優秀です。特に、染色フィルムを使用しないクァンタムフィルムは、色あせや変色はほぼありません。

カーフィルムの施工なら、プロショップにぜひお任せください

フィルムを貼ることで得られる効果は多く、プライバシー保護を始め、ガラスの飛散防止やエアコンの効率化、UVカットIRカットによる燃費向上、そしてお車のドレスアップ効果なども期待できます。

当店では、これまでに多種多様なオートフィルムを検証してきました。その中でも、当店が取り扱う透明断熱フィルムは、地球環境問題に対しても有効ですし、人体にも害のない素材を使っております。

また、当店では、データに沿ってカッティングマシーンを使って正確にカッティングすることができます。高い品質での仕上がりは、お客様にも好評です。

カーフィルム 価格表(税別)

リアセット(サイドリアを含む)
リアセット リアガラス リアドア1面 リア小窓1面
SS 輸入車 ¥52,400 ¥31,400 ¥12,960 ¥6,480
国産車 ¥49,600 ¥28,200 ¥10,800 ¥5,400
S 輸入車 ¥58,300 ¥34,900 ¥12,960 ¥6,480
国産車 ¥52,400 ¥31,400 ¥10,800 ¥5,400
M 輸入車 ¥64,800 ¥38,800 ¥12,960 ¥6,480
国産車 ¥58,300 ¥34,900 ¥10,800 ¥5,400
L 輸入車 ¥74,520 ¥44,600 ¥12,960 ¥6,480
国産車 ¥67,000 ¥40,100 ¥10,800 ¥5,400
LL/XL 輸入車 ¥74,520 ¥44,600 ¥15,120 ¥9,720
国産車 ¥67,000 ¥40,100 ¥12,960 ¥8,640

車種サイズにつきましては < コチラ > をご覧ください。

リアセット(サイドリアを含む)
35cmまで ¥16,200
50cmまで ¥21,600
100cmまで ¥27,000
フィルム施工時に必要な別途作業
作業項目 金額 注意事項
ドア内張り取り外し 1ドア ¥2,160 一部の車種はお客様でお願いします
フィルムアンテナ・ステッカー剥がし 無料 ステッカー各種は再利用できません
リアシート及びリアトレー取り外し ¥8,640 荷物の移動をいたします
ルームミラー ¥2,160 一部の車種はお客様でお願いします
フィルム施工時に必要な別途作業
作業項目 金額 注意事項
リアガラス1面 ¥9,260 一部の車種はお客様でお願いします
リアガラス1面
(セダン・クーペ)
¥15,430 リアシートの脱着を行います
ドア1面
クォーターガラス1面
¥2,160 小窓は含みません
三角窓 ¥510 大きい窓は含みません
フロントガラス1面 ¥9,260 アンテナ等は再利用できません

デントリペア

デントリペアは、ボディの凹みに対して、裏側から特殊工具を使い、塗装することなく元の状態に戻す特殊工法です。

デントリペアのメリットは、「安い」「早い」「キレイ」です。板金塗装が必要ないため、かかる料金は¥8,000~と低料金です。
出張修理が可能で、早ければ30分程度で修理ができます。車を預けていただく必要はございません。
また、板金やパテ、塗装の作業が不要のため、色ムラができる心配がなく、オリジナル塗装をそのまま維持できます。車査定の際にも減額されません。

ただし、工具をアクセスできない場所、鉄板の折り返しや修復済の箇所など、デントの場所や状態によっては修復不可能な場合があります。
また、塗装が割れているような深い傷に対しても、デントリペアは対象外となります。

デントリペア 価格表(税別)

適用 価格(税別)
凹みサイズ1cmまで ¥8,000
凹みサイズ2cmまで ¥10,000
凹みサイズ3cmまで ¥12,000
凹みサイズ5cmまで ¥15,000
凹みサイズ5cm以上 要お見積り

幌撥水コーティング

幌撥水コーティング

幌撥水コーティング

布製の繊細な幌を保護し、優れた撥水効果を与える。

全てのキャンバス地(布地)幌の撥水・防水に効果的

これまでの防水スプレーやワックスに満足していますか?当店の撥水コーティングは、デリケートな布製の幌を始め、オープンカー全てのキャンバス地に対して最適です。
スプレータイプの撥水コーティングでは、経年劣化によって幌表面に白く粉をふいてしまったり、収納した時に折りシワが付いたりします。
また、その場しのぎで表面だけを黒くするワックスでは、時間が経つと硬化したり白化したりといったリスクもあります。

幌のために開発された高分子フッ素を使用

幌のために開発された高分子フッ素を使用

ビューティークラフトの撥水コーティングでは、幌のために加発された高分子フッ素を採用しています。
直射日光から受けるダメージに加え、雨天時のピッチや油汚れなどを含んだ雨水など、過酷な環境下でもしっかりと幌を守ります。

撥水コーティングの施工前に幌を洗うと、水分が内側まで浸み込んでしまい、劣化の原因となってしまいます。
しかし、コーティング施工をすることで、洗っても水分を弾き飛ばし、劣化を防ぐことができます。

撥水効果がバツグン、幌をしっかり守る

当店の撥水コーティングは、幌専用に開発されたものなので、安心です。ただし、布製の幌が対象となるため、ビニール製の幌に対しては施工はできません。

幌の撥水コーティングに関するよくある質問Q&A

Q1. 幌車で雨天走行をし、そのまま放置するとどうなるの?

A. 雨天走行では、跳ね上げた泥やグリスなどが幌に付着します。その状態で放置すると、汚れが乾燥して色あせや変色の原因となりますし、幌の劣化も進みます。特に強い太陽光線による紫外線対策をしないと、幌の寿命が短くなってしまいます。


Q2. 新車時には幌も撥水コーティングされていますよね?

A. 幌の撥水コーティングは、洗車やワックスなどによって、少しずつ落ちてしまいます。ずっと保てるわけではないため、定期的なメンテナンスが必要です。


Q3. 幌の撥水コーティングをすると、色あせは直りますか?

A. 撥水コーティングをすると、全体がシットリとした感じになるため、色あせや劣化の進行を防ぐことはできます。しかし、施工前の色あせに関しては、撥水コーティングで元に戻すことはできません。


Q4. 何年も乗っていますが、まだ撥水しています。

A. 走行中に空気中の埃や泥に含まれている油分などが幌に付着し、自然撥水します。しかし、放置すると付着した物質が原因で、幌の劣化が進んでしまいます。


Q5. 施工後には幌の質感はどうなりますか?

A. 撥水コーティングをしても、幌が硬くなったりツヤっぽくもなりません。質感は変わりませんし、オープン走行して格納する際にも折りシワが付きにくいメリットがあります。


Q6. 効果はどのくらい続きますか?

A. しっかりムラなく塗って乾燥させれば、通常の青空駐車では約半年の効果があります。屋内駐車なら、それ以上の効果が見込めます。施工後は水洗いでOKです。

幌撥水コーティング 価格表(税別)

幌撥水コーティング ¥43,200(2回目以降は半額の¥21,600となります)
 

PAGE UP